借地権について


空地借地権は大きく分けると借地借家法に基づく借地権と民法上の借地権に分けることができます。旧法における借地権は借地権設定時の存続期間が30年となっており、更新したあとは20年になるという特徴があります。旧借地借家法の借地権は先ほどもお話したように借地権者側が法律で強く守られていましたし、地主側がもう更新しないといった拒絶もできませんでした。建物の明け渡しや更地返還なども正当な理由がなく求めることができなかったのです。これではあまりにも地主側は不利な状況になってしまいます。

新借地借家法は普通借地権と定期借地権に分けられます。普通借地権は法定更新が可能な契約となっており、どちらかというと旧法と似ています。定期借地権は存続期間は50年と定めており、期間満了後は地主に土地を返還しなくてはなりません。

借地権の更新などもできなくなっていますし、建物買取請求権なども認められていないのが特徴です。借地権の中には地上権も含まれています。地上権は物権に属する権利ですが、地上権として登記を行っていると借地権の中ではもっとも強い効力を発揮します。地主の承諾などがなくても第三者に売買するようなことが可能になるのも特徴と言えるでしょう。