借地借家法の問題点


困った顔先ほど借地借家法は改正されたというお話をしたと思いますが、借地借家法は平成3年に公布され平成4年から施行されました。定期借地権と呼ばれることもある新法ですが、どうして従来の借地借家法のままではダメだったのでしょうか。理由はいろいろと挙げられますが、旧法だと土地を持つ方が誰かにその土地を貸したとしても必要以上に借りた人が保護されてしまい、地主が土地を取り戻そうとしてもなかなか取り戻すことができなかったのです。地主にとって不利益な状況が続いてしまい、自分の土地を取り戻せないという地主も大勢現れました。

契約の期間はとっくに過ぎているにも関わらず居座られている、といったケースにおいても立ち退いてもらうことができないということも多々ありましたし、さまざまな問題が発生したのです。

結局地主側が借地人に立退料を支払うことで問題を解決することになりますし、旧法で守られていることに旨みを感じて不正に立退料を要求するようなことも増えました。借地人を守るための法律として誕生したのですが、あまりにも問題がたくさん発生してしまったため現在の新法へと移行したというわけです。現在では以前のようなこともほとんどなくなりました。